読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nothingvision

- たわいない日常、そんだけの日々 -

つらいよ渡世 ①

 

今となってはもうどうでもよいのだけど、

一応ね、なんとなく書き記しておこうと思う。

 

生きるっツーのは、渡世っツーのはと、

なんとも大仰な嘆きのつぶやきをしてみたけど、

なんてことはない自分っツーのはって話だ。

 

あの日は意気揚々と髪を切りに出掛けたんす。

だけど*1五年ぶりの散髪に尻込みしちゃって、

2時間も*2ヴィンセント号を走らせるハメになり、

最終的にどこの店にも入れずじまいって話でした。

 

だけど、なんだか悔しいのでね、

本屋で本を買いたかったんよってね。

f:id:arpksoda:20160129131835j:plain

 

 

それだけではアレなんで、

カフェーで茶でもシバきたかったんよってね。

f:id:arpksoda:20160129131957j:plain

 

10代や20代の小僧じゃあるまいしねえ、

いつまで自意識とか羞恥心と戦っとるんやと。

しまいにゃー、事実捏造の一計を案じるとは、

ふがいないったらありゃしませんわいな。

 

んで、どこかでも言った文言だけども、

①があるってこたァ、②があるよってね。

( もうちょっと詳細をエッセイ風に書いてみる )

 

*1美容師の営業トークが嫌で、ジルは五年間自分で髪を切る。

*2ヴィンセント号とは、ジルの愛チャリのことである。

 

 

広告を非表示にする