読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nothingvision

- たわいない日常、そんだけの日々 -

先住猫の二匹の野良。

 

家近くの立体駐車場に住む二匹の野良猫。

彼/彼女らはいつも一緒でとても仲が良いのです。

憶測だけど、きっとキョーダイなのだと思う。

(性別が分からぬのでここでは彼らと呼ぶことにしよう)

 

二年前、自分がこの土地に引越してきた当初から、

彼らは既にそこに鎮座し睨みを利かせておりました。

f:id:arpksoda:20160121093122j:plain

人の往来があろうと決して怯まぬその態度たるや、

「キミら人を、、いや猫を殺めたことあるよね?」

 と、問うてみたくなる程のふてぶてしさである。

 

当時まだ猫好きも発症していなかったので、

その鋭い眼光に睨まれると慄き震えたものです。

(冗談抜きで殺し屋の目つきにオシッコシャー!!)

 

たまにうら若き乙女が彼らと戯れとるのを見て、

「何をやっとるのだ、野良なぞと戯れてからにぃ」

と若干、彼らに嫉妬しつつその光景を憂いておった。

(猫なぞと戯れず人間の僕と遊べばよろしいやん?) 

 

それが今ではすっかり猫好きを発症こじらせて、

彼らと鬼ごっこならぬ猫ごっこをしたりのお戯れ。

「こやつ、深夜の駐車場でいったい何をやっとる?」

と通行人らに不審者扱いの目を向けられておる次第。

 

先住猫としてこの土地の先輩である彼ら。

その彼らの下僕となって、たまに遊んでもらってます。